【簡単】サワークリームを使った本格ビーフストロガノフのレシピを紹介

クリーミーな料理にフランスパンのトーストを浸けたら大概美味しい、JIN(@scratchhcooking)です。

「ビーフストロガノフ」

日本では一般的にはあまり馴染みのないロシア料理の中でビーフストロガノフは日本国内でも大きな知名度を誇る料理です。

起源については諸説ありますが、年老いて歯が好物のステーキが食べられなくなってしまった老人の為に牛肉を小さく切り、煮込んで、合うように仕上げたのが起源と言うのが有名な説の1つです。

伝統的な食べ方はパスタと絡めて食べるらしい(凄く合いそう)のですが、現在ではご飯やマッシュポテトと一緒に食べる事もあるそうです。

ただクリーミーなものはフランスパンと一緒に食べたい僕は今回フランスパンのトーストと一緒にビーフストロガノフを頂きました。

食べる前からこれは絶対合うだろうなーと思っていましたが、やはり凄く合います。

今回ご紹介するレシピは、サワークリームを使った本格レシピです。

本格ながらも凄くシンプルでとても簡単に作れてしまうのが良い!

簡単でとても美味しいのでこの記事を書き終わった後も定期的に自宅のレパートリーに入れて作りたいなぁと思うような仕上がりでした。

それではサワークリームを使った簡単本格ビーフストロガノフのレシピを見ていきましょう!

Print

【簡単】サワークリームを使った本格ビーフストロガノフのレシピを紹介


  • 作者: SCRATCHH
  • 準備時間: 5分
  • 調理時間: 20分
  • 合計時間: 25分
  • 人数: 3人分

説明

簡単に作れるサワークリームを使った本格ビーフストロガノフのレシピ。


材料

  • シチュー用牛肉:150g
  • たまねぎ:1個
  • マッシュルーム:50g ※今回僕はひらたけを使いました
  • 粒無しマスタード:大さじ2
  • 白ワイン:大さじ2
  • ビーフコンソメ:200㎖
  • サワークリーム:60g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 無塩バター:大さじ1
  • ローリエ:1枚
  • 塩:少々
  • こしょう:少々
  • パセリ:飾りつけ

手順

  1. たまねぎ1個を薄切りスライスに、マッシュルーム50gをスライスにする
  2. フライパンにバター大さじ1杯、オリーブオイル大さじ1杯をひいて、切ったたまねぎとマッシュルーム、塩こしょうを少々を入れて中火でたまねぎの色が変わるまで炒める
  3. たまねぎの色が変わったらフライパンからたまねぎとマッシュルームをフライパンから取り出す
  4. フライパンはそのまま適当な大きさに切って塩こしょうを少々振ったシチュー用牛肉150gを入れ、中火で色が変わるまで炒める
  5. 色が変わったら白ワイン大さじ2杯、ビーフコンソメ200㎖を入れてひと煮立ちさせる
  6. ひと煮立ちしたら最初に炒めたたまねぎとマッシュルーム、ローリエ1枚、粒無しマスタード大さじ1杯、サワークリーム60gを入れて混ぜる
  7. 10分間弱火で煮込み、パセリを飾り付けたら完成

Notes

  • 白ワインのところはブランデーを入れても美味しいです
  • カテゴリ: 牛肉料理
  • 調理法: 煮込み
  • 料理: ロシア料理

キーワード: ビーフストロガノフ, ビーフストロガノフのレシピ, ビーフストロガノフの作り方, 簡単ビーフストロガノフ, サワークリーム

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)