【超シンプル!超うまい!】究極の濃厚ガーリックトーストの作り方

トーストは多分ガーリックトーストが一番好きなJIN(@scratchhcooking)です。

ガーリックトーストって本当にサイドとして非常に有能ですよね。

夜ごはんに1つだけではちょっと物足りないパスタなんかの日でも横にガーリックトーストさえあれば満足感が桁違いです。

既に出来上がっているものを買うのも良いですが、実はガーリックトースト非常に簡単に作れます。

大した労力をかけずにおいしいガーリックトーストが作れるのです!

実際冷凍のガーリックトーストを買うよりも自分でバゲットなんかを買って作る方が経済的でおいしいですので非常におすすめです!

ガーリックトーストは15世紀あたりに記録されているイタリアのブルスケッタ(古代ローマ時代まで遡るという説もある)に起因しているらしいので、一応イタリア料理に属すらしいです。

ただ実際のところイタリアにはこのようににんにくとバターを塗りたくったガーリックトーストはあんまり見る事はできない模様です。

どちらかというと現代でこのような形のガーリックトーストはアメリカを始めとするその他の国でポピュラーなのでしょう。

それでは僕が思う究極かつ超シンプルなガーリックトーストのレシピを見ていきましょう!

Print

【超シンプル!超うまい!】究極の濃厚ガーリックトーストの作り方


  • 作者: SCRATCHH
  • 準備時間: 10分
  • 調理時間: 5分
  • 合計時間: 15分
  • 人数: 3人分

説明

超簡単!超シンプル!究極のガーリックトーストの作り方。


材料

  • フランスパン:1/2本
  • 無塩バター:30g
  • 塩:1つまみ
  • パセリ:大さじ1
  • にんにく:2片(もしくはすりおろしにんにく大さじ1.5)
  • パルメザンチーズ:大さじ1
  • オリーブオイル:3滴ほど

手順

  1. 無塩バター30gをボウルに入れて電子レンジを使わずにマーガリンくらいの柔らかさまで柔らかくする
  2. フランスパン1本を半分に切って、その半分を横ではなく縦に切って2枚にする
  3. バターが柔らかくなったらにんにくを使う場合2片ガーリックプレスを使って潰す、すりおろしにんにくを使う場合は大さじ1.5杯を無塩バターに入れ、塩1つまみを加える
  4. その後粉状のパルメザンチーズを大さじ1杯入れる
  5. 生パセリを使う場合はみじん切りにして大さじ1杯加える
  6. ボウルの中身は全部しっかりと混ぜて既に切ってある2枚のフランスパンの表面にマーガリンを塗るように塗っていく
  7. トースターに入れて焼けば完成

  • カテゴリ: フランスパン
  • 調理法: トースト
  • 料理: イタリア料理

キーワード: ガーリックトースト, ガーリックトーストレシピ, ガーリックトーストの作り方, トースト, ガーリック, にんにく, ガーリックブレッド

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)