【新感覚】ポテチとフライドポテトの中間バッジャの作り方レシピ

ポテトチップスもフライドポテトも大好き過ぎてずっと困っているJIN(@scratchhcooking)です。

なぜじゃがいもを揚げるだけであんなにも美味しいのか。

そしてなぜポテトチップスを製造する会社は毎週のように新しいフレーバーを登場させるのか、新しい味を見つけるごとに買ってたらいずれ大変なことになってしまいそうです。

ただ今回の記事で紹介するレシピもそんなじゃがいもを揚げた料理です。

バッジャ(Bhajias)というケニアの料理で、若干ポテトチップスとフライドポテトの中間のような料理です。

唯一の違いは衣をつけて揚げるところ、衣にスパイスもろもろを入れて揚げる形です。

今回僕はピリピリチキンのサイドとして作りましたが、やはりチキンとの相性は抜群と言わざるを得ません。

Print

【新感覚】ポテチとフライドポテトの中間バッジャの作り方レシピ


  • 作者: SCRATCHH
  • 準備時間: 15分
  • 調理時間: 15分
  • 合計時間: 30分
  • 人数: 3人分

説明

ガーナ発ポテチとフライドポテトの中間のようなバッジャの作り方。


材料

  • じゃがいも:3個
  • イタリアンパセリ:2束
  • すりおろしにんにく:小さじ1
  • パプリカパウダー:大さじ1
  • チリパウダー:大さじ1
  • ターメリック:小さじ1
  • 塩:小さじ1
  • 小麦粉:140g
  • 水:適量
  • 揚げ油:適量

手順

  1. イタリアンパセリはみじん切りにしておく
  2. じゃがいも3個の皮を剥いて、縦でも横でもポテトチップスのような形にスライス(約1㎝厚)する
  3. ボウルに小麦粉140g、塩小さじ1杯入れて混ぜる
  4. ボウルにイタリアンパセリ2束、すりおろしにんにく小さじ1杯、パプリカパウダー大さじ1杯、チリパウダー大さじ1杯、ターメリック小さじ1杯を入れて混ぜる
  5. ボウルに水を少しずつ入れて混ぜながら天ぷらの衣と同じくらいの粘り気になるまで水を加え続ける
  6. 揚げ油を鍋などに適量入れ、160℃になるまで加熱する
  7. 切ったじゃがいもに作った衣をしっかりとつけて鍋へ入れる
  8. 低温160℃で1回約3~5分で揚げる

Notes

本場では小麦粉ではなくベサン粉を使う場合もあるようです。

  • カテゴリ: じゃがいも
  • 調理法: 揚げ物
  • 料理: ケニア料理

栄養

  • 何人当たり: 1人当たり
  • カロリー: 337.6kcal
  • ナトリウム: 400mg
  • 脂質: 12.5g
  • 炭水化物: 48.7g
  • 食物繊維: 2.2g
  • タンパク質: 5.2g

キーワード: バッジャ, ケニア料理, ケニア料理レシピ, じゃがいも, ポテトチップス, フライドポテト

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)