【成功率99.9%】めちゃ美味いイギリス最古のパイ生地の作り方

何でもかんでも生地から作りたくなっちゃうJIN(@scratchhcooking)です。

生地って本当に面白いですよね。

工程、配合、入れるもの、イーストの種類などなどで様々な顔に変わり、食感も味も全然違います。

パンやピザの生地はかなり前からたくさん配合を遊びながら作ってきましたが、パイ生地ってあんまり作った事無かったんですよね。

そこで出会ったのが

「イギリスで記録されている最古の生地」

として知られる熱湯を使ったホットウォータークラストです。

そしてこの生地が毎回外れない!毎回完璧に仕上がって成功します。

最初に使ったレシピがイギリス伝統の軽食ポークパイ。

>>久々に感動!イギリス伝統のポークパイを1から作ってみた!レシピ

ポークパイの記事でもホットウォータークラストのレシピは載せていますが、今回は生地単体のレシピをまとめていきます。

アップルパイなどの甘いパイや、かぼちゃのスープパイなんかにも絶対に使えるおすすめのレシピです!

Print

【成功率99.9%】めちゃ美味いイギリス最古のパイ生地の作り方


  • 作者: SCRATCHH
  • 準備時間: 10分
  • 調理時間: 0分
  • 合計時間: 10分
  • 人数: マフィン型12個分

説明

絶対に成功するめちゃ美味いイギリス最古のパイ生地「ホットウォータークラスト」のレシピ。


材料

 

  • 強力粉:60g
  • 薄力粉:260g
  • 無塩バター:120g
  • 塩:小さじ1
  • 沸騰水:130㎖
  • 卵黄:2個

 


手順

  1. ボウルに強力粉60g、薄力粉260gを入れて混ぜる
  2. 常温に出して柔らかくなった無塩バター120gと卵黄2個を入れて混ぜ、粉となじませる(ポロポロした状態になります)
  3. 130㎖の沸騰した水の中に塩小さじ1杯を溶かし、溶かしてすぐにボウルに入れて混ぜてこねていく
  4. 平面の場所に小麦粉を少し散らしてからのし棒などを使ってこねる
  5. きれなボール状の生地の塊ができたら、少し冷ます
  6. 十分に冷めたら用途に応じて生地を形成する

Notes

この分量だと大体マフィン型でパイを作る場合の12個分に相当します。

まず小麦粉、バター、卵黄を混ぜてポロポロ状態のものを作り、その後に熱湯を入れるというところがこの生地の肝です。

  • カテゴリ: 生地
  • 調理法: こね
  • 料理: パイ

キーワード: パイ生地, ホットウォータークラスト, パイ, 生地, サクサク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)