鶏むね肉とパプリカを使ったさっぱりチキンファヒータの作り方

 

最近結構トルティーヤを使った料理が好きなJIN(@scratchhcooking)です。

この間紹介したエビタコスを作って以来タコスシーズニングを使わないトルティーヤ料理が気に入っています。

>>暑い日にこれは旨い!スパイシーでさわやかなエビタコスの作り方

特にクミンパウダーが今お気に入りです(笑)

そして今回作ったのが鶏むね肉を使ったチキンファヒータです!

基本僕は鶏肉はむねより圧倒的にもも派なのですが、この料理に関しては恐らく鶏むねが最適解です。

ファヒータはメキシコ/アメリカ(テキサス)料理、いわゆるテックス・メックス料理で、もともとはグリルされた牛肉ハラミをトルティーヤに乗せる料理でした。

そこから牛肉だけでなく豚肉、鶏肉、エビなどでも親しまれ、付け合わせや中身にも絶対的に決まった定義はなく、比較的自由な料理です。

ただ

  • たまねぎ
  • パプリカ
  • チーズ

などが入っている場合が多いようです。

今回僕は割とスタンダードに玉ねぎ、パプリカ、チーズ、サルサ、アボカドをなど使って作りました。

やはり夏はこういう料理が最高です。

ぜひお試しください!

Print

鶏むね肉とパプリカを使ったさっぱりチキンファヒータの作り方


  • 作者: SCRATCHH
  • 準備時間: 15分
  • 調理時間: 15分
  • 合計時間: 30分
  • 人数: 5枚分

説明

夏に最適鶏むね肉とパプリカを使ったサッパリチキンファヒータレシピ。


材料

  • トルティーヤ:5枚
  • 鶏むね肉:200g
  • ライム:1個
  • アボカド:1個
  • サワークリーム(ギリシャヨーグルト):大さじ5
  • パプリカ:1個
  • 紫たまねぎ:1/2個
  • サルサソース:大さじ5
  • クミンパウダー:小さじ1
  • パプリカパウダー:小さじ1
  • チリパウダー:小さじ1
  • オリーブオイル:小さじ2
  • 塩:1つまみ
  • コショウ:1つまみ
  • チーズ:適量

手順

  1. パプリカ、紫たまねぎ、鶏むね肉すべて細長いストリップ状に切る
  2. 切ったもの全てをボウルに入れて、クミンパウダー小さじ1杯、パプリカパウダー小さじ1杯、チリパウダー小さじ1杯、ライム1/2個分の果汁、オリーブオイル小さじ1杯、塩、胡椒1つまみずつを入れて混ぜる
  3. 混ぜたものは一旦そのまま置いておき、しっかり熟したアボカドをマッシャーやフォークを使って潰し、潰し終わったらそこの残りのライム1/2個分の果汁とオリーブオイル小さじ2杯を入れて混ぜる
  4. アボカドの処理が終わったらフライパンにアボカド以外のすべてを鶏肉に十分火が通るまで定期的に混ぜながら炒める
  5. 炒め終わったらトルティーヤの上にアボカドをペースト状にしたもの、サワークリーム大さじ1杯、炒めたもの、サルサソース大さじ1杯、チーズの順に乗せて丸めて完成

Notes

サワークリームの代わりに僕はギリシャヨーグルトを使いました

チーズは普通のシュレッドチーズを使いました

  • カテゴリ: トルティーヤ
  • 調理法: 炒め
  • 料理: テックスメックス

キーワード: ファヒータ, チキンファヒータ, チキンファヒータの作り方, ファヒータレシピ

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)