BBQで100%活躍する超簡単本格ジャークチキンの仕込みレシピ

 

一番好きな肉類は鶏肉、JIN(@scratchhcooking)です。

さぁさぁ春、夏、秋とバーベキューやキャンプの季節ですね!

バーベキューにお肉仕込んで持って行く人ってなんかカッコいくないですか?自分で仕込んだものの美味しさを大勢の人と共有できるって作った側もうれしいですよね。

今回紹介するのはそんなバーベキューやキャンプで100%活躍(俺調べ)する本格ジャークチキンの仕込みレシピです。

バーベキューでたまにはいつもとは違うジャマイカンなパンチを効かせてみてはどうでしょう?

ジャークチキンはレゲエでも有名なカリブ海に浮かぶ国、ジャマイカの郷土料理です。

スパイシーなだけでなく深みとコクのある味付けで、普通のグリルチキンとは全く違う顔を持つ凄いエキゾチックなチキンです。

イギリスではジャマイカ系の人がたくさん住んでいたのでかなり認知された人気のメニューでもありました。

ちなみにチキン以外にも漬け込みダレに豚肉でも魚介類でも浸ければジャークポークやジャークシュリンプなんかと顔を変える事ができます、つまりジャークチキンの仕込み用の浸けダレはバーベキューにおいて非常に万能なのです。

バーベキューやキャンプ前日の夜に仕込んで浸けておいて、当日にグリルで頂く、最高ですね!

今回僕は家で作ったので、オーブンで焼きましたが、外の炭火なんかで焼いたらもっともっと最高です!

それではジャークチキン、行ってみましょう!

Print

BBQで100%活躍する超簡単本格ジャークチキンの仕込みレシピ


  • 作者: SCRATCHH
  • 準備時間: 6時間10分
  • 調理時間: 20分
  • 合計時間: 6時間30分
  • 人数: 15本分

説明

バーベキュー用に仕込めば100%活躍する本格ジャークチキンの仕込みレシピ。


材料

  • 手羽先:15本
  • たまねぎ:1個
  • 唐辛子:4本
  • 青ネギ:1束
  • ライム:1個
  • オレンジジュース:50㎖
  • にんにく:4片
  • しょうゆ:100㎖
  • ビネガー:50㎖
  • オリーブオイル:50㎖
  • タイム:大さじ2
  • オールスパイス:大さじ2
  • 黒砂糖:大さじ2
  • 塩:小さじ1
  • シナモンパウダー:小さじ1
  • ジンジャーパウダー:小さじ1
  • ナツメグパウダー:小さじ1
  • こしょう:小さじ1

手順

  1. たまねぎ1個と青ネギ1束を適当な大きさ(フードプロセッサーに入れるに丁度いい大きさ)に切る
  2. フードプロセッサーに切った玉ねぎ、青ネギを入れてライムの果汁を1個分絞る
  3. 唐辛子4本、オレンジジュース50㎖、にんにく4片、ビネガー50㎖、オリーブオイル50㎖、タイム大さじ2杯、オールスパイス大さじ2杯、黒砂糖大さじ2杯、塩小さじ1杯、シナモンパウダー小さじ1杯、ジンジャーパウダー小さじ1杯、ナツメグパウダー小さじ1杯、こしょう小さじ1杯すべてをフードプロセッサーに入れてドロドロの液状になるまでかける
  4. ミックスした浸けダレをボウルなどに入れて、手羽先15本を浸して6時間~24時間浸けて寝かせる
  5. 浸け終わったらグリルやオーブンでしっかり火が通るまで加熱して完成!

Notes

鶏肉は手羽先を使いましたが、ジャークチキンには大きな骨付きの鶏もも肉がよく使われています

オールスパイスは必須スパイスです、僕はカルディさんで見つけましたが意外と色々なところで売っています

この分量だと浸けダレはかなりたくさんできるので、少量でやりたい場合は分量を半分にしてください

  • カテゴリ: バーベキュー
  • 調理法: グリル
  • 料理: ジャマイカ料理

キーワード: ジャークチキン, ジャークチキンレシピ, ジャークチキンの作り方, ジャークチキンの仕込み

このレシピで使用したキッチン用品、機材

タイガー マイコンフードプロセッサー ボルドー SKF-G100-V


GABAN オールスパイス パウダー 65g

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)