イギリスローストディナーの必需品ヨークシャープディングの簡単レシピ

 

イギリス料理にも実は美味しい料理はたくさんある!という事を伝えていきたいJIN(@scratchhcooking)です。

世界的に悪評ばかりが並ぶイギリス料理をなんとかプロモートしていきたいと思っています。

イギリスには5年近く住んでいましたが、確かに信じられないようなレベルの食べ物(主にコンビニ食など)もあります、でも美味しい料理だってたくさんあるのです。

その悪評を吹き飛ばしたい、そんな気持ちでこれからもイギリス料理のレシピをどんどん紹介していこうと思います。

今回紹介するのはイギリス日曜日の定番ローストディナー(ローストチキン、ローストビーフ、ローストポークなど)で必需品のヨークシャープディングの作り方を紹介します。

ローストポークの完全レシピでも少し触れました。

>>イギリス日曜日の大定番ローストポークの作り方を完全解説

僕は個人的にローストディナーにこのヨークシャープディングが無ければ価値半減だと本気で思っています。

イギリスではスーパーの冷凍コーナーで冷凍品が売られているのでわざわざ1から作ろうなんて人はいませんが、もちろん日本ではそうはいきません。

超難しいイメージのあったヨークシャープディングですが、非常にシンプルで簡単でした。

むしろイギリスに住んでいた頃も自分で作ればよかったとちょっと後悔するくらい簡単です。

例えばクリスマスなんかに毎年ローストチキンを作られるご家庭なんかはぜひ次のクリスマスはこのヨークシャープディングと以前紹介したローストポテトを作ってみてください!

>>イギリス料理の中で一番の衝撃!最強ローストポテトの作り方

それでは紹介していきます!

Print

イギリスローストディナーの必需品ヨークシャープディングの簡単レシピ


  • 作者: SCRATCHH
  • 準備時間: 15分
  • 調理時間: 25分
  • 合計時間: 40分
  • 人数: 6個分

説明

イギリスのローストディナーには欠かせないヨークシャープディングの作り方。


材料

  • 油(菜種油などの熱に強い油推奨)
  • 卵:1個
  • 薄力粉:100g
  • 成分無調整牛乳:100㎖
  • 塩:1つまみ

手順

  1. 6口のカップケーキ型の底から0.5㎝~1㎝まで油を注ぐ
  2. オーブン190℃の余熱を開始し油だけを入れた状態のカップケーキ型を予熱中のオーブンの中に入れて油を温める
  3. 余熱を待つ間にボウルに卵を1個割って混ぜ、牛乳100㎖と塩1つまみを入れて混ぜ、最後に薄力粉100gをだまにならないようにふるいにかけてボウルに入れて混ぜる
  4. 余熱が終わったら、中に入れておいた熱々の油が入ったカップケーキ型を取り出し、先ほど作ったミックスを各口半分くらいのかさまで入れる(油は本当に熱くなっているので注意)
  5. 全口に均等にミックスを注ぎ終わったら型を190℃のオーブンに入れて20分間加熱します
  6. ヨークシャープディングが十分に膨らみ、茶色くなったら完成

Notes

油の代わりにラードを使うとよりおいしいです

シュークリームのシューのようになっていれば最高の出来です

  • カテゴリ: 小麦粉
  • 調理法: オーブン
  • 料理: イギリス料理

栄養

  • 何人当たり: 1個当たり
  • カロリー: 112kcal
  • ナトリウム: 99mg
  • 脂質: 4.9g
  • 炭水化物: 12.9g
  • 食物繊維: 0.4g
  • タンパク質: 3.1g
  • コレステロール: 44mg

キーワード: ヨークシャープディング, ロースト, クリスマス

 今回のレシピで使用したキッチン用品、機材など

パール金属(PEARL METAL) マフィン型 プレート 6個取り ハイクリーンコート EEスイーツ D-4838

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)