普段と少し違うインドネシアのナシゴレン風簡単鶏チャーハンレシピ

 

料理が好きになったきっかけはチャーハンのJIN(@scratchhcooking)です。

そう、留守がちだった母親に中学生のころ冷蔵庫のものを自分で考えて作りなさいと言われていた僕はとにかくすぐに作れて時間のかからないものを作ろうと思いチャーハンを結構作っていました。

でも毎日のようにチャーハンを作ってるとこうした方が美味しいんじゃないか?次はここの分量を変えてみよう、こんな具材を使ってみようとどんどん想像力が広がっていったのです。

料理が好きになったのはその楽しみを覚えてからです。

料理以外でもカスタマイズとか改造とか結構好きな性格なので、チャーハン、パスタ、カレーなどアレンジを無限に加えられる料理を追及していくのは今でも好きです。

今回は改造やカスタマイズというよりは別物のチャーハンレシピです。

インドネシアの「ナシゴレン」って結構日本でも認知度がある料理だと思いますが、ナシゴレン(Nasi Goreng)って英語でFried rice、つまり日本語で炒飯っていう意味なんですね。

今回作ったのは、インドネシアの「ナシゴレンアヤム(鶏炒飯)」風のチャーハンです。

このサイトで紹介するレシピは基本的に簡単に手に入るような食材や調味料のみを使う、というコンセプトですので、今回もスーパーで手に入らないような現地食材や調味料は無しです。

という訳で「ナシゴレンアヤム」風チャーハンのレシピを紹介します!

Print

普段と少し違うインドネシアのナシゴレン風簡単鶏チャーハンレシピ


  • 作者: SCRATCHH
  • 準備時間: 5分
  • 調理時間: 10分
  • 合計時間: 15分
  • 人数: 2人分

説明

インドネシアのナシゴレンアヤム風の鶏炒飯レシピ。


材料

  • 白飯(冷や飯):1.5合
  • 鶏むね(もも):100g
  • 卵:1個
  • 豆板醬:小さじ1
  • ターメリック:小さじ1
  • 砂糖:小さじ1
  • 塩:小さじ1
  • こしょう:少々
  • ピーマン:1個
  • 玉ねぎ:1/2個
  • しょうゆ:大さじ1.5
  • 唐辛子:1本(お好みの辛さに応じて調節)
  • きゅうり:1本
  • ライム:1/2個
  • キャベツ:150g
  • 油:大さじ1

手順

  1. 鶏むね(もも)肉を2㎝大に、ピーマンを1㎝大に、玉ねぎをみじん切りに、唐辛子ときゅうり、ライムを輪切りに、キャベツを千切りにする
  2. 油を大さじ1杯中華鍋(フライパン)にひいて、中火~強火で鶏肉を炒め始める
  3. 鶏肉に色が付いたら横に避けて置き、空いたスペースに卵を割り、スクランブル状にする
  4. ピーマン、玉ねぎ、キャベツを加える
  5. 豆板醬小さじ1杯加える
  6. 30秒後ターメリック小さじ1杯、砂糖小さじ1杯、塩小さじ1杯、しょうゆ大さじ1.5杯加える
  7. 1分~2分ほど炒めて絡め、白飯(冷や飯)1.5合を加え、混ぜてなじませていく
  8. 混ぜながら1分程炒め、味見をして塩気が足りない場合は塩またはしょうゆを追加して混ぜる
  9. お皿に出し、きゅうりとライムを添える

Notes

インドネシアではインディカ米が使用されているようです

本場ではケチャップマニスと呼ばれる甘しょうゆが使われています

  • カテゴリ: チャーハン
  • 調理法: 炒め
  • 料理: インドネシア料理

栄養

  • 何人当たり: 1人当たり
  • カロリー: 624.5kcal
  • ナトリウム: 1300mg
  • 脂質: 11.5g
  • 炭水化物: 100.6g
  • 食物繊維: 4.0g
  • タンパク質: 25.7g
  • コレステロール: 165mg

キーワード: ナシゴレン

このレシピで使用したキッチン用品、機材

山田工業所 鉄製 打出片手中華鍋 30cm (板厚1.2mm)

One Comment

  1. Pingback: やっぱり旨い!超簡単に韓国風キムチチャーハンレシピを紹介 - Scratchh

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)