ミートソースとは若干違う?本格ボロネーゼスパゲッティの作り方

 

最近またパスタ熱が上がってきたJIN(@scratchhcooking)です。

最近投稿する記事でパスタ記事が多いのですが、実際今まで以上にパスタを忙しい時も休みの日も作っています。

ちょっとこのところレパートリーがマンネリ化してたので忙しい日にもレシピ見ずに作れるパスタの種類を増やしたいなーといったところです。

僕が料理が好きになった基礎、パスタなどのシンプルな料理を作るのが好きな基礎というのも、中学校、高校生の頃、学校から帰宅後、休みの日も母親があまり家に居なかった事が多かったのですが、僕の母親は材料だけ冷蔵庫に入れておくから自分で何か作って食べなさいというスタイル。

僕は恥ずかしながら中学時代家庭科の評定が5段階評価で1を取っていた人間だったのでまずどうしたらいいのかあまり分からない、でも食べるのは好きなので出来るだけ美味しい物を食べたいという所からまずシンプルな料理から研究していこうという気持ちになったのです。

そこで一時期狂ったようにハマっていたのがパスタと炒飯、シンプルだけど少しの違いで全く完成品が変わるというところに惹かれました。

凝り性というか自分が納得できないととことん追求したいタイプなので1週間連続で同じパスタや炒飯を作ったりもしました、毎回あーでもないこーでもない、次はこの部分を変えてみよう、順番を変えていこうとド素人ながら無い頭で研究して試していきました。

といったような経験から何かを作るごとに新しい発見があって、次同じ料理を作る時は前回よりも上手くなれるという料理にどんどん惹かれていきました。

前置き長くなりましたが、という事もあって僕にとってパスタは思い入れのある料理でありながら10年以上経った今でも研究を続けている料理なのです。

今回紹介するパスタレシピはイタリアボローニャ出身の「ボロネーゼスパゲッティ(ragù alla bolognese)」です。

日本で言うミートソースとかなり似たものです(同じものとみなす人もいます)

赤ワインを使ったオトナなレシピにしました、ぜひお試しください!

Print

ミートソースとは若干違う?本格ボロネーゼスパゲッティの作り方


  • 作者: SCRATCHH
  • 準備時間: 5分
  • 調理時間: 10分
  • 合計時間: 15分
  • 人数: 2人分

説明

イタリアボローニャ発祥のボロネーゼスパゲッティのレシピ。


材料

  • 生パスタ麺:200g
  • ブロックベーコン:50g
  • にんじん:1/2個
  • たまねぎ:1個
  • トマトピューレ:20g
  • 合挽きミンチ:150g
  • 赤ワイン:100㎖
  • 塩:適量
  • 胡椒:少々
  • オリーブオイル:少量

手順

  1. にんじん1/2個をすりおろし、玉ねぎをみじん切りに、ブロックベーコンを1㎝大のダイス状に切る
  2. 弱中火のフライパンにオリーブオイルを大さじ1程ひいてすりおろしにんじんと玉ねぎを入れて1分間火を入れる
  3. 切ったベーコンを入れてさらに1分間火を入れる
  4. 1分後ひき肉をいれてひき肉全体の色が変わるまで火を入れる
  5. 別の鍋に水を十分に入れて沸騰したら塩を適量入れパスタを茹で始める
  6. ひき肉の色が変わったらトマトピューレを入れ、赤ワイン100㎖を入れて混ぜる
  7. そのままの火でパスタが茹で上がるまでソースに火を入れる
  8. パスタが茹で上がったら両方の火を切り、トングを使って直接パスタを鍋からフライパンに移動させ混ぜ合わせる
  9. お皿にまずパスタを乗せて、その上にフライパンに残ったひき肉ソースを乗せたら完成!
  10. お好みで胡椒、粉チーズ、追加のオリーブオイルなどをかけてもよし

Notes

  • 生パスタで無くても普通のスパゲッティ乾麺でもオッケー
  • もう一つ野菜を入れたい場合カットしたセロリも入れると相性抜群です
  • カテゴリ: パスタ
  • 調理法: 茹で
  • 料理: イタリア料理

栄養

  • 何人当たり: 1人当たり
  • カロリー: 675kcal
  • ナトリウム: 1300mg
  • 脂質: 31.7g
  • 炭水化物: 50.3g
  • 食物繊維: 2.3g
  • タンパク質: 24.1g
  • コレステロール: 63mg

キーワード: ボロネーゼ

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)