ピザにもパスタにも超便利な万能自家製トマトソースの作り方

 

こんにちは、トマトソースってあると急に忙しい時とかに便利だなと思うJIN(@scratchhcooking)です。

僕は個人的に結構休みで暇なときはピザを一から作ったり、忙しい時はササっとパスタを作って食べたりするのでトマトソースはあったに越したことはない存在なのです。

もちろんスーパーではトマトソースの既製品売っていますが、やはり自分で作りたいと思ってしまうのが僕の性分なのです。

しかも自家製トマトソースって言ってもトマト缶で作れちゃうのでたくさん作って作り置きする事もできるのが非常にありがたい存在なのです。

これまでに様々な方法、材料を使ってトマトソースを試行錯誤して来ましたが、最近は今回紹介するレシピで落ち着いて、毎回このレシピで作っています。

既製品とは違い入れるものを変えて自分好みにカスタマイズできるところも良いですよね。

それではパスタにもピザにもその他にも!

色々な料理に使える超万能自家製トマトソースのレシピを紹介していきます!

Print

ピザにもパスタにも超便利な万能自家製トマトソースの作り方


  • 作者: SCRATCHH
  • 準備時間: 5分
  • 調理時間: 35分
  • 合計時間: 40分
  • 人数: パスタ5回分

説明

ピザにもパスタにも使える超便利な万能自家製トマトソースのレシピ。


材料

  • トマト缶(ホール):800g
  • アンチョビ:50g
  • オレガノ:大さじ2(生でもドライでも)
  • 唐辛子:2本
  • にんにく:2片
  • 砂糖:小さじ2
  • 塩:小さじ1
  • 胡椒:少々
  • オリーブオイル:適量

手順

  1. にんにく、オレガノ(生の場合)、唐辛子をみじん切りにします
  2. 鍋にオリーブオイルを適量ひいてアンチョビに火を中火で入れながら崩していきます
  3. アンチョビがグツグツきだしたらみじん切りにしたにんにくを投入します
  4. 1分間火を入れたらそこにオレガノと唐辛子も入れます(にんにくは焦がさないように火の調整をします)
  5. 3分ほど経ったらトマト缶のトマトを全て鍋に入れます
  6. ホール缶の場合ごつごつしているのでフライ返しなどで潰しながらそのまま中火で入れ、ある程度潰し終わったら胡椒、砂糖を加えます
  7. 火力を弱火と中火の間くらいに変えてそのまま蓋をして30分定期的に混ぜながら煮込んでいきます
  8. 30分経つとソースがかなり凝縮されています、つぶつぶのままでいい人、もしくはフードプロセッサーをお持ちでない方はここで完成です
  9. フードプロセッサーをお持ちの方は最後にトマトソースをフードプロセッサーにかけてだまが無いくらい滑らかになったら完成です
  10. 大きめの瓶などに詰めて保存しましょう

Notes

  • フードプロセッサーの工程はお好みです(僕は滑らかな方が好きなので毎回フードプロセッサーにかけています)
  • オレガノのところはお好みのスパイスを加えると自分らしさが出ると思います
  • 塩気は塩をそのまま使わずにアンチョビで補っています
  • カテゴリ: ソース
  • 調理法: 煮込み
  • 料理: イタリア料理

栄養

  • 何人当たり: パスタ1回分
  • カロリー: 83kcal
  • ナトリウム: 530mg
  • 脂質: 4g
  • 炭水化物: 9g
  • 食物繊維: 2.3g
  • タンパク質: 4g
  • コレステロール: 9mg

キーワード: トマトソース

One Comment

  1. Pingback: 美しい!生ハムとルッコラを使ったプロシュートピザの作り方 - Scratchh

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)